歴史を学べる!名古屋市名古屋港ガーデンふ頭の「南極観測船ふじ」とは?

街を知る

歴史を学べる!名古屋市名古屋港ガーデンふ頭の「南極観測船ふじ」とは?

地下鉄「名古屋港駅」にある名古屋港ガーデンふ頭は、水族館から展望室までさまざまな施設が集まった名古屋の観光スポットとして知られています。
そんな人気の名古屋港ガーデンふ頭内でひときわ目を惹く「南極観測船ふじ」は、子どもから大人まで南極観測の歴史を学べるおすすめの施設です。
そこで今回は、ロマン溢れる「南極観測船ふじ」とは一体どんな船なのか、施設概要も合わせてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

歴史を学べる!名古屋市の「南極観測船ふじ」とは

名古屋港ガーデンふ頭内でもひときわ目立つオレンジ色の船「南極観測船ふじ」は全長100mある南極観測船です。
「ふじ」は昭和40年から18年間活躍した2代目の船で、日本で初めての本格的な砕氷艦としても知られています。
船内は当時の姿がそのまま残されており、操縦室や医務室、乗組員たちの居室などを見ることで、当時の乗組員たちの南極大陸を目指す旅を追体験することができます。

名古屋市の「南極観測船ふじ」の船内で南極観測船の歴史を学ぶ

「南極観測船ふじ」の船内は今でも当時の姿が残っており、そこにマネキンによる再現を加えることでよりリアルに当時の船内を体感することができます。
食堂で「ふじが果たした役割」という映像を見た後、第二電信室、レーダー室、士官寝室、医務室、理髪室、庶務室、先任海曹寝室、第二居住区、観測隊員寝室など船内のさまざまな部屋を見学できます。
まるで自分が当時の乗組員になったような体験ができますよ。
そして目玉の一つが、日本発の本格的な砕氷艦である「南極観測船ふじ」のエンジンです。
ふじには、「直流ディーゼル電気推進方式エンジン」が採用されており、ガラス越しにこのエンジンの一部を見学することができます。
また、CG映像で砕氷の仕組みについて学ぶこともできますよ。
さらに船内には展示室である「南極の博物館」があり、実物展示をはじめ模型やはく製、写真、映像などを通して南極観測の歴史や、日本の観測隊が世界で初めて発見した南極隕石やオゾンホールなど数々の研究成果を知ることができます。
南極大陸の航行を4面大型スクリーンによる映像で疑似体験できる「極感ドラマチックシアター」は圧巻ですよ。
船の3階には「航行ブリッジ」いわゆる操舵室があり、操縦ハンドルをはじめ位置確認レーダーなど操縦士気分を味わえます。

おすすめ物件情報|名古屋市港区の物件一覧

まとめ

南極大陸を目指す旅を追体験できる「南極観測船ふじ」は、子どものみならず大人の探求心もくすぐられるスポットです。
ぜひ当時の乗組員たちのロマンを味わってみてくださいね。
株式会社HOME UPでは、名古屋市近郊の新築一戸建て物件を多数ご紹介しています。
マイホームの購入を検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”街を知る”おすすめ記事

  • 金山駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!の画像

    金山駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!

  • 名古屋市の栄駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!の画像

    名古屋市の栄駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!

  • 名古屋駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!の画像

    名古屋駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!

  • 名古屋市民必見!名古屋市緑区にあるショッピングモールをご紹介の画像

    名古屋市民必見!名古屋市緑区にあるショッピングモールをご紹介

  • 引っ越す方必見!尾張旭市のごみ出しルールや分別アプリについて解説の画像

    引っ越す方必見!尾張旭市のごみ出しルールや分別アプリについて解説

  • ジブリファンにもおすすめ!愛・地球博記念公園の見どころスポットは?の画像

    ジブリファンにもおすすめ!愛・地球博記念公園の見どころスポットは?

もっと見る