築浅一戸建ての売却理由とは?売却の時期やコツも解説!

ブログ

築浅一戸建ての売却理由とは?売却の時期やコツも解説!

一口に中古物件と言っても、その特徴はさまざまです。
なかには、築年数がそれほど経過していない状態で売りに出されている物件もあり、疑問に感じた方もいるのではないでしょうか。
今回は、築浅一戸建てを売却する理由と、価格と売却時期の関係、早期売却のコツを解説します。
一戸建ての売却を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

築浅一戸建ての売却理由とは

築浅の一戸建てがなぜ売りに出される理由について、不安を感じるケースがあります。
しかし、築浅であるからといって、必ずしも建物自体や立地に問題があるわけではありません。
築年数が浅いままで売却を検討するきっかけは、親の介護・転勤・離婚など、生活環境の変化によるものが挙げられます。
売却の理由を誠実に伝えれば、購入者も納得しやすくなるでしょう。
ただし、事故物件の場合は、必ず購入者にその事実を伝える必要があります。
心理的な欠陥を隠して売却すると、契約不適合責任が問われ、契約の解除や損害賠償の可能性が出てきます。
トラブルを回避するためにも、欠陥については事前に正直に説明することが大切です。

▼この記事も読まれています
物件売却で耳にする既存住宅売買瑕疵保険とは?メリットとデメリットを解説

築浅一戸建ては価格が下がる前に早期売却がおすすめ

土地の価格は築年数とは無関係ですが、一戸建ての価格相場は築年数の経過とともに下がる傾向があり、築5年経過時点では購入時の価格の70%まで低下します。
そのあとも築年数が経過するにつれて、売却価格は大きく低下し、一般的には築10年経過時点で購入時の価格の50%ほどまで下がることがあります。
したがって、築浅の物件ほど高い価格で売却できるため、最近では築浅物件の売却希望数と売却数が増加傾向にあります。

▼この記事も読まれています
不動産売却時の値引き交渉の対応とは?価格設定もご紹介

築浅一戸建てを早期売却するコツ

築浅の一戸建てを早期に売却する場合、適正価格での販売が重要です。
相場から大幅に逸脱した価格設定は、買主の見つけにくさにつながる可能性があるため、相場を考慮して適切な価格を設定する必要があります。
また、どの住宅設備を残すかについても検討が必要です。
設備の残す程度については、交渉次第で合意できます。
たとえば、各部屋に新しいエアコンを設置する場合、費用がかさむため、買主が撤去せずに残しておくことを希望することがよくあります。
その他にも、住宅ローンの残債を考慮して売出価格を設定することも大切です。
売却後に住宅ローンの返済が続くと、新居にかかる費用との負担が増えるため、慎重な計画が必要です。
売出価格を検討する際には、住宅ローンを完済できる価格を設定しましょう。

▼この記事も読まれています
建売住宅が売却しやすい理由は?注文住宅との違いや売却時の流れをご紹介

まとめ

以上、築浅一戸建ての売却理由や早期売却すべき理由、早期売却のコツを解説しました。
築浅物件は需要が高く、売却価格も高いため、早めに売却を検討するのもひとつの方法です。
早期売却のためには、どれくらい設備を残すか考える、ローンを完済できる価格を設定するといったコツを押さえておきましょう。
名古屋の不動産のことなら株式会社HOME UPへ。
ぜひ、弊社までお気軽にお問い合わせください。

株式会社HOME UPの写真

株式会社HOME UP スタッフブログ編集部

名古屋で不動産をお探しならホームアップにおまかせください。お客様にご満足いただけるお住まい探しをお手伝いさせていただくため、当サイトのブログでも不動産に関連した記事をご紹介していきます。


”ブログ”おすすめ記事

  • 中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!の画像

    中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!

  • 認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説の画像

    認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説

  • 共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介の画像

    共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介

  • 新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説の画像

    新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説

  • マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介の画像

    マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介

  • マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!の画像

    マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!

もっと見る