20坪・30坪・40坪の土地で建てられる家の広さや間取りをご紹介!

ブログ

20坪・30坪・40坪の土地で建てられる家の広さや間取りをご紹介!

マイホームを建てる際に必要な土地の広さは、住宅の間取りや階数など条件によって異なります。
土地を購入してから希望の建物が建てられないなどで制限を受けることのないよう、坪数ごとの特徴を知っておくと安心です。
そこで今回は、20坪・30坪・40坪の土地でどのくらいの家が建てられるのか、広さや間取りをご紹介します。

20坪の土地で建てられる家の広さとは

1坪は約3.3平米となっているため、20坪は「3.3平米×20坪」で約66平米です。
畳で表すと約40畳の広さとなり、このような住宅は「狭小住宅」と呼ばれます。
20坪の土地に建てられる建ぺい率や容積率は、住居の用途や建物の形状によって異なるので、制限の厳しい住居系や工業系のエリアでは滅多に建築されません。
商業系の地域は比較的制限が緩やかなため、20坪などの狭小住宅でも3階建ての家が建築可能です。
各部屋にゆとりがある2LDKや少しコンパクトな3LDKなどの間取りが多くなるので、3〜4人家族に向いています。

▼この記事も読まれています
マイホーム購入時ににおける頭金とは?相場金額や支払う際の注意点を解説!

30坪の土地で建てられる家の広さとは

30坪は約99平米で、60畳ほどの広さです。
建ぺい率を一般的な60%に設定した場合、30坪に建築できる住宅の広さは約59平米となります。
2階建ての家でも4LDKの間取りがつくれるほか、駐車場も確保可能です。
天井高1.4m以下で床面積1/2未満のロフトであれば、その階数の床面積にカウントされないため、より開放的な空間を実現できます。
収納スペースに悩んでいるなら、階段下のスペースや中二階・小上がりなどを活用するのもおすすめです。

▼この記事も読まれています
マイホーム購入にフラット35を利用したい!特徴や利用条件もご紹介

40坪の土地で建てられる家の広さとは

40坪の広さは約132平米、80畳ほどの空間です。
この程度の土地であれば、標準的な4人家族がゆとりを持って暮らせます。
アイランドキッチンや庭・駐車場2台分のスペースもつくれるため、より開放的な暮らしができるはずです。
ただ、都心部の駅近だと地価が高いので、建築できる設備や条件に制限がかかる可能性があります。
マイホームの建築では、暮らしやすさや予算など何を優先するのかしっかりと考えることが重要です。

▼この記事も読まれています
不動産購入でかかる不動産取得税とは?計算方法や軽減措置についてご紹介!

まとめ

20坪の土地で建てられる家は、3階建ての狭小住宅が多い傾向にあります。
30坪の土地では、2階建ての4LDKが建てられるほか、駐車場も確保可能です。
標準的な4人家族なら、40坪の土地があれば、アイランドキッチンや庭・駐車場2台分のスペースも確保でき、ゆとりのある生活ができます。
名古屋の不動産のことなら株式会社HOME UPへ。
ぜひ、弊社までお気軽にお問い合わせください。

株式会社HOME UPの写真

株式会社HOME UP スタッフブログ編集部

名古屋で不動産をお探しならホームアップにおまかせください。お客様にご満足いただけるお住まい探しをお手伝いさせていただくため、当サイトのブログでも不動産に関連した記事をご紹介していきます。


”ブログ”おすすめ記事

  • 中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!の画像

    中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!

    ブログ

  • 認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説の画像

    認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説

    ブログ

  • 共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介の画像

    共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介

    ブログ

  • 新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説の画像

    新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説

    ブログ

  • マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介の画像

    マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介

    ブログ

  • マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!の画像

    マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!

    ブログ

もっと見る