生活が便利で治安も良好!港区の住みやすさとは

街を知る

愛知県の名古屋市港区は、人気がある地域のため転入者も多くいます。

 

アクセス・治安ともに良好で、新店舗の進出もさかんなので、生活しやすい街と評判です。

 

今回は、港区の住みやすさをご紹介します。


港区の住みやすさ① 生活環境が整っている


名古屋市港区を走るバス


1.東海地方最大級のショッピングセンターがある

 

2018年秋、217ものテナントが入った東海地方最大級のショッピングセンター「ららぽーと名古屋みなとアクルス」がオープンしました。

 

ららぽーとの近くには、「メガドンキホーテ」「キャナルウォーク」「邦和スポーツランド」などがあり、今後ますます発展していくと期待されています。

 

ららぽーと周辺に限らず、港区は新店舗の進出がさかんなので、生活に便利な地域です。

 

2.交通機関が発達しているため移動しやすい

 

「地下鉄」「あおなみ線」「市バス」と、多様な交通機関が発達しているので、子ども1人でも楽に移動できます。

 

車があると便利ですが、自転車や市バスの方が行きやすい場所も多いため、車がなくてもあまり困ることはないでしょう。


港区の住みやすさ② 子育て環境が良好!


1.治安が良くて子育て環境が良好

 

都市開発が進んでいる港区ですが、子育て環境も良好です。

 

特に「イオンモール名古屋茶屋」周辺は、緑が残っている地域も多いため、のびのび子育てしたいファミリー世帯におすすめです。

 

2.子育てを通して地域の人と交流できる

 

子育ての悩みを相談できる、「けいわkiddyルーム」や「おやこっこみなと陽まわり」などがあるので、育児の負担を軽減することができます。

 

おやこっこみなと陽まわりは、「料理教室」や「野菜の収穫体験」なども行っているため、地域の人と交流することもできますよ。


港区の住みやすさ③ 遊び場スポットも豊富!


名古屋市港区のショッピングモール


1.休日は親子で楽しめる

 

港区には、親子で楽しめる遊び場スポットも豊富です。

 

テーマパーク「レゴランド」や、水族館「シーライフ名古屋」、海洋博物館や展望室が入っている「名古屋港ポートビル」などがあるので、休日に出かけると楽しいでしょう。

 

2.海の日は港まつりが開催される

 

毎年、海の日には「港まつり」が開催されます。

 

祭りの最後には、10号玉も含めた「大玉連発」や、音楽とシンクロさせた「メロディー花火」などを観賞できますよ。


まとめ


今回は港区の住みやすさをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

アクセス・治安ともに良好で買い物にも便利なので、子育て中のファミリー世帯におすすめの地域です。

 

名古屋市へ引っ越しする場合は、ぜひ港区も検討してみてくださいね。

 

私たち株式会社HOME UPでは、名古屋市港区のファミリー向け不動産を豊富に取り揃えております。

 

港区にマイホームの購入をご検討されている方はぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

”街を知る”おすすめ記事

  • 金山駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!の画像

    金山駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!

  • 名古屋市の栄駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!の画像

    名古屋市の栄駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!

  • 名古屋駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!の画像

    名古屋駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや買い物環境をご紹介!

  • 名古屋市民必見!名古屋市緑区にあるショッピングモールをご紹介の画像

    名古屋市民必見!名古屋市緑区にあるショッピングモールをご紹介

  • 引っ越す方必見!尾張旭市のごみ出しルールや分別アプリについて解説の画像

    引っ越す方必見!尾張旭市のごみ出しルールや分別アプリについて解説

  • ジブリファンにもおすすめ!愛・地球博記念公園の見どころスポットは?の画像

    ジブリファンにもおすすめ!愛・地球博記念公園の見どころスポットは?

もっと見る