マイホーム購入でお得になる「すまい給付金」とは?受給条件や申請方法もご紹介!

ブログ

マイホーム購入でお得になる「すまい給付金」とは?受給条件や申請方法もご紹介!

マイホームを購入する際に利用できる「すまい給付金」という制度をご存じでしょうか。
その名前は聞いたことがあっても、何のための制度なのか、どんな人が対象になるのか、よく知らないという方も多いはずです。
今回は、愛知県名古屋市でマイホーム購入を検討されている方のために、すまい給付金とはどのような制度なのかを、受給対象者の条件や申請方法も合わせてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム購入で「すまい給付金」の受給対象になる条件とは?

すまい給付金とは、マイホームを購入した人の負担を軽減するために作られた制度です。
消費税が5%から8%に引き上げられたとき、住宅ローン控除額の最大控除額が拡充されました。
しかし、これによる負担軽減効果は、年収が多く、税金をたくさん納めている人にしか期待できないものだったのです。
そこで、一定以下の年収の人も負担軽減効果が得られるように、すまい給付金制度が作られました。
すまい給付金の対象者になるためには、いくつかの条件を満たしている必要がありますが、条件をクリアできれば現金給付による恩恵を受けられます。
年収の目安が510万円以下であること、住宅ローンを利用していること、住宅の床面積が50㎡以上であることなど、すべての条件を満たしている場合は、すまい給付金の申請手続きをしてください。
もらえる金額は年収によって3つの段階に区分されるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

マイホーム購入を条件に利用できる「すまい給付金」の申請方法

すまい給付金の申請方法を事前に確認しておきましょう。
申請は住宅取得者がおこない、住宅の引き渡しから1年以内が申請期限です。
国土交通省のすまい給付金サイトで申請窓口の場所を確認し、必要書類を郵送、または持参してください。
必要書類はサイトからダウンロードできる申請書のほかに、引っ越し後の住民票の写し・登記事項証明書・住民税の課税証明書・住宅ローンの契約書のコピーなどがあるため、早めに準備しておくと良いでしょう。
購入するマイホームが新築の場合と中古の場合で、必要書類に違いがあるので注意が必要です。
提出した書類をもとに審査がおこなわれ、無事通過すると給付額が書かれた通知書が郵送されてきます。
不備がなければ申請から1か月半~2か月程度で給付金が振り込まれるので、指定の振込先口座を確認してください。

まとめ

すまい給付金とはどのような制度なのかを、受給対象者の条件や申請方法も合わせてご紹介しました。
すまい給付金の対象になればマイホーム購入時に現金が支給されるため、事前に詳しく確認しておく必要があります。
私たち株式会社HOME UPでは、名古屋市を中心に新築一戸建て物件を多数ご紹介しております。
ぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”ブログ”おすすめ記事

  • 中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!の画像

    中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!

  • 認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説の画像

    認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説

  • 共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介の画像

    共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介

  • 新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説の画像

    新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説

  • マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介の画像

    マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介

  • マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!の画像

    マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!

もっと見る