マイホームを購入する前に!おすすめの方角と間取りで良い家相を

ブログ

マイホームを購入する前に!おすすめの方角と間取りで良い家相を

住まいを検討する際に、「玄関を鬼門に置いてはいけない」「水回りの方角は気を付けた方がいい」などという話をきくことがあります。
このように家の方角や間取りの吉凶に関する占いを「家相」といい、マイホームの購入時や住まい選びには重視する方は、まだまだ多いようです。
今回は、マイホーム購入を検討する方に向けて、間取りに関しておすすめの方角や配置についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム購入前に知りたい!玄関のおすすめ方角

風水や家相を考える上で、玄関は家の入口として家運を左右する重要な場所です。
風水上「気」は玄関から入り家の中を巡るとされているからです。
そのため、玄関の位置は家全体の運気に関わり、良い方角に向いているべきと考えられています。
風水上よいとされている玄関の方角は、南向きと東向きです。
南向きと東向きは日当たりがよく、室内の温度を暖める効果もあるため、風水以外にも理にかなった方角とされています。
一方で、家の中心から見て北東の方角は鬼門、南西の方角は裏鬼門と呼ばれ、玄関の配置にはふさわしくない方角です。
鬼門とは邪気の出入りする方角を指しており、風水上鬼門・裏鬼門に玄関を配置すると、家の中に邪気が巡るとされ敬遠されています。

マイホーム購入前に知りたい!水回りのおすすめ方角

水回りとはキッチン、浴室、トイレなど日常生活で欠かせない設備ですが、風水ではこれらを配置する方角が悪いとトラブルが起こりやすくなるとされています。
生活に欠かせない設備であるからこそ、水漏れや雑菌の繁殖、故障などのトラブルにならないよう、配置する方角には注意することをおすすめします。
水回りは東、東南、そして北西と相性が良いとされています。
一方で、西、南西、北東は相性の悪い方角です。
とくに西の方角は古くから、西日の物を腐らせる力は強力とされてきました。
キッチンの食材や浴室の残り湯などが腐りやすくなってしまうほか、風水上西は家の金運を左右する方角とされており、この方角で物が腐ることで金運を腐らせてしまいます。
そのため、家相を見た場合に西の方角に水回りが配置されていると、その家は浪費癖がついてしまう、金運が低い、と判定されることが多いようです。
また、先ほど説明した鬼門と裏鬼門のある、北東と南西には水回りを配置することもおすすめできません。
鬼門と裏鬼門の方角では、激しい気の動きがあるため、ここに水回りを配置してしまうと、カビや雑菌が発生しやすく、空気がよどみ汚れが付きやすいなどの特性が強く出てしまうと考えられています。
水回りは東、東南、北西の方角に配置すると良いでしょう。

まとめ

今回は、マイホーム購入を検討する方に向けて、間取りに関しておすすめの方角や配置についてご紹介しました。
迷信のように思われる家相ですが、日本では古くから方角と気運の結びつきが重要視され、その考え方は現代にも残っています。
また、科学的に理にかなっている部分もあるため、マイホームを購入する際は、方角と間取りについても検討しておくことをおすすめします。
私たち株式会社HOME UPでは、名古屋市を中心に新築一戸建て物件を多数ご紹介しております。
ぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”ブログ”おすすめ記事

  • 中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!の画像

    中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!

  • 認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説の画像

    認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説

  • 共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介の画像

    共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介

  • 新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説の画像

    新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説

  • マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介の画像

    マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介

  • マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!の画像

    マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!

もっと見る