新築一戸建てにおける屋上の必要性とメリット・デメリットとは?

ブログ

新築一戸建てを建てるとき、屋上を設置するかどうかは迷うポイントの1つです。

 

屋上には家庭菜園やバーベキューを楽しむなど、さまざまな使い道があります。

 

そこで今回は、新築一戸建てにおける屋上の必要性や、メリット・デメリットをご紹介します。

 

新築一戸建てにおける屋上の必要性:メリット

 

新築一戸建てにおける屋上の必要性とメリット・デメリットとは?


 

屋上の必要性やメリットを考える上で、どのような使用目的なのかを明確にすることが重要です。

 

たとえば土地が狭くて庭を作れなかったり、バルコニーの日当たりが気になる立地では屋上の必要性が高まるでしょう。

 

なお建物上部の重量が増えるため、新築一戸建てなら鉄骨造や鉄筋コンクリート造がオススメです。

 

リフォームによる後付けは難しいので、屋上が必要なら新築時に導入してください。

 

<洗濯物がよく乾く>

 

屋上があれば、洗濯物や布団をカラリと乾かすことが可能です。

 

ファミリーなら日々の洗濯物が多くなりがちなので、よく乾くスペースを確保できると家事効率もアップするでしょう。

 

また庭やバルコニーと異なり、道路からの視線があまり気にならない点もメリットです。

 

<庭として使える>

 

近年では、庭を持たない新築一戸建てが増えています。

 

屋上があれば庭として使えるので、屋外のプライベート空間を確保できます。

 

そして日光がよく当たるので、家庭菜園や自宅でのプール遊びにも最適です。

 

新築一戸建てにおける屋上の必要性:デメリット

 

新築一戸建てでは屋上を設置したものの、必要性が低いとあまり使わなくなる点がデメリットです。

 

もし広めの屋外空間を確保したいなら、インナーバルコニーなども候補に入れてみてください。

 

<建築・維持管理コストがかかる>

 

新築一戸建てでは、屋根にするよりも建築コストがかかります。

 

どんなに安くても100万円程度かかるため、建築コストを抑えたい方には不向きです。

 

加えて屋根がない状態なので、防水性や断熱性が弱くなる点に注意しましょう。

 

さらに定期的な防水処理も欠かせないため、維持管理コストもかさみます。

 

<雨漏りのリスクが高まる>

 

建物の構造上、雨漏りリスクがあります。

 

日常的に雨どいの清掃をして、水はけを確保してください。

 

それでも水がたまりやすく、木造住宅での導入はデメリットが大きいので注意しましょう。

 

まとめ

 

屋上の必要性は、人によって異なります。

 

趣味や家事のスペースにしたい方には、土地の有効活用につながるためオススメです。

 

新築一戸建てで導入する際は、メリット・デメリットを十分に比較した上で検討してみてください。

 

私たち株式会社HOME UPでは、名古屋市の売買物件をご紹介しています。

 

マイホームの購入を検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせ

ください。


▼今すぐ↓こちら↓をクリック!▼













”ブログ”おすすめ記事

  • 中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!の画像

    中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!

  • 認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説の画像

    認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説

  • 共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介の画像

    共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介

  • 新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説の画像

    新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説

  • マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介の画像

    マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介

  • マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!の画像

    マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!

もっと見る