一戸建てのキッチンによくある成功例と失敗例をご紹介!

ブログ

新築一戸建ての購入を検討している方で、キッチンの間取りを気にする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

キッチンは日々使用する場なので非常に重要な場所で、人によってはレイアウトや設備にもこだわりがあるかと思います。

しかし、あまりこだわりすぎると使い始めてから後悔したという失敗例もあるのです。

今回は、一戸建てのキッチンでよくある失敗例と成功例をご紹介します。

一戸建てのキッチン①:失敗例


新築一戸建てのキッチン失敗例


一戸建てのキッチンで失敗したという声でよくあるのが、キッチンと収納の兼ね合いです。

収納が多ければそれだけ物を多く置くことができるので、収納はキッチンにおいても気にする箇所かと思います。

しかし収納が多すぎるとその分スペースが必要となるため、開放的なキッチンが作れなくなる可能性があるのです。

特に、リビングとダイニングの部屋を対面の形にした間取りにした際、収納スペースを多くすると視界を遮る可能性が。

また収納をキッチン上部に設置した結果、位置が高くて使えないという声もあります。

一戸建てのキッチン②成功例


キッチンの間取りで「これは良かった!」という成功例を紹介します。

まずはシステムキッチンの形状です。

システムキッチンにはI型とL型がありますが、I型の場合は長くなってしまうので端から端までの移動距離が長くなってしまいます。

一方L型のキッチンは手が届く範囲が広がるので、動く必要も少なくなります。

あとはキッチン前にどのくらいの壁を設けるかによって、利便性が変わります。

もし対面キッチンにした場合は、対面する箇所をきちんと決めて、それの使わないスペースは収納や作業スペースを設けると使いやすくなります。

一戸建てのキッチン③:失敗しないために


新築一戸建てのキッチン失敗例


キッチンには形状や設備などさまざまな種類があるため、理想を追求すると生活スタイルや予算などとのバランスが崩れてしまう恐れがあります。

お家の中で最も長い時間家事をする場所の一つでもあるので、現実的な使いやすさを重視してポイントを絞ることがおすすめですよ。

理想のキッチン、後悔しないためのキッチンにするにはイメージすることが大事ですが、実際のキッチンや間取りを見て参考にするのも良い方法です。

モデルルームの展示会や内覧会などで、よくキッチンを見て、自分が理想とするキッチンを決めるようにしましょう。

まとめ


一戸建てのキッチンでは「こうして良かった!」や「こうすれば良かった!」という成功例、失敗例があります。

失敗しないためにも、自分がどのように使いたいのかきちんと考えてキッチンを設計するようにしましょう。

私たち株式会社HOME UPでは、新築一戸建て物件の取り扱いをおこなっております。

こだわり条件でのお家探しをお手伝いいたしますので、お気軽にお問い合わせください

”ブログ”おすすめ記事

  • 中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!の画像

    中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!

  • 認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説の画像

    認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説

  • 共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介の画像

    共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介

  • 新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説の画像

    新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説

  • マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介の画像

    マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介

  • マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!の画像

    マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!

もっと見る