不動産を購入するなら知っておきたいフラット50の特徴と条件

ブログ

不動産を購入するなら知っておきたいフラット50の特徴と条件

マイホームなどの住宅を購入するときには、住宅ローンの利用を検討する方がほとんどでしょう。
金融機関から数多くの住宅ローンのプランが売り出されているなかで、公的機関である住宅金融支援機構が貸し出す住宅ローンがあることはあまり知られていません。
そこで今回は、不動産の購入を検討している方に向けて、住宅金融支援機構が打ち出す「フラット50」について、その特徴や貸し出しの条件についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入のための住宅ローン「フラット50」とは

フラット50とは、公的機関である住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して提供する、全期間固定金利型の住宅ローンを指します。
一般的な住宅ローンは返済期間が最長でも35年であるのに対し、最長50年返済が可能である点がフラット50の大きな特徴です。
ただし、融資の対象となるには法律に基づいた長期優良住宅として認められなくてはなりません。
フラット50のくわしい特徴は次のとおりです。

●対象住宅:長期優良住宅として認められた住宅、建設費や購入費用が1億円以下など
●申し込可能年齢:申し込み時44歳未満
●借入可能金額:100万円以上6,000万円以下の場合、建設費または購入価格の60%以内
●借入期間:36年以上で、50年もしくは80歳。申し込み時年齢のうち短い方
●借入金利:全期間固定金利型

不動産購入で検討したいフラット50!気になる借り入れ条件は?

フラット50を利用するには、主に次のような条件を満たす必要があります。

長期優良住宅であること

フラット50は、長期優良住宅の取得に対して利用できる住宅ローンです。
長期優良住宅とは、耐震性や省エネルギー性能に関して一定の基準を満たす住宅のことで、所轄行政庁に申請することで認定されます。
ここには、建て替えの費用や廃棄物の処理費用、住人や環境への負担を軽減する目的が含まれています。
また、長期優良住宅はその購入を後押しするためにも、不動産取得税・固定資産税・住宅ローン控除などの優遇措置があるため、気になる方はチェックしましょう。

借り入れ可能年齢

返済期間が最長50年と長期にわたるフラット50では、申し込み時に満44歳未満である必要があります。
また実際に最長期間を利用して借り入れたい場合は、30歳未満である必要があるでしょう。
ただし、親子リレー返済を活用する場合には、44歳以上でも借り入れが可能となるケースがあります。

まとめ

今回は、不動産の購入を検討する方に向けて、住宅金融支援機構が打ち出す「フラット50」について、その特徴や貸し出しの条件についてご紹介しました。
フラット50は、公的機関が打ち出した長期優良住宅の取得に利用できる住宅ローンです。
年齢や住宅基準などの条件を満たしているか、チェックして利用しましょう。
私たち株式会社HOME UPでは、名古屋市を中心に新築一戸建て物件を多数ご紹介しております。
ぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”ブログ”おすすめ記事

  • 中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!の画像

    中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!

  • 認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説の画像

    認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説

  • 共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介の画像

    共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介

  • 新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説の画像

    新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説

  • マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介の画像

    マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介

  • マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!の画像

    マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!

もっと見る