戸建ての部屋が暗い!驚きの原因とはどんなもの?

ブログ

戸建ての部屋が暗い!驚きの原因とはどんなもの?

戸建て購入を検討されている方や、すでに住まわれている方に向けて、部屋が暗いことについて詳しくご紹介します。
戸建ての部屋が暗い原因はなんなのか、解消法も見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建ての部屋が暗いのはなぜ?考えられる原因とは

戸建てを購入するときに、部屋が暗いとこれからの生活が不安になってしまいますよね。
部屋が暗いと、気分が上がらなかったり、うつ状態になってしまったり、湿気など衛生的にも悪影響です。
戸建ての部屋が暗い原因はなんなのか、見ていきましょう。

窓が小さくて少ない

部屋が暗い原因として考えられるのは、窓が小さくて少ないことです。
窓が小さかったり少なかったりすると、十分に外の光を取り込めません。

照明が弱い

部屋が暗い原因としてもう1つ考えられるのは、照明の色や強さによって暗く見えてしまうことです。
リビングなど明るく見せたい部屋には、それに合った照明を使うのがいいでしょう。

部屋の位置が悪い

さらに考えられる原因として、明るくしたい部屋が日当たりの悪い位置に来てしまっていることがあります。
1階と2階、真ん中や端など位置にも注意が必要です。

壁紙や床の色で暗く見える

壁紙や床の色が暗いと、部屋も暗く見えてしまいます。
明るく見せたい部屋の壁紙や床には、それに合ったものを使いましょう。

戸建ての部屋が暗いときはどうすればいい?解消法はあるの?

部屋が暗いからといって諦める必要はありません。
暗い部屋を明るくする解消法があるので見ていきましょう。
まずは簡単にできる解消法からご紹介します。
照明をLEDの明るいものに変えて、カーテンをブラインドにしてみましょう。
それだけでも照明の明るさと、昼間は太陽光で部屋が明るくなります。
できれば家具などを白で統一すると、より明るい部屋に見えます。
工事は必要ですが、壁や床などを白いものにリフォームするとさらに明るくなります。
天井に窓を増やしたり、思い切って吹き抜けを作ってしまったりするのも効果的です。
リフォームが難しければ、ご自身で可能なものから始めるだけでも十分効果があります。

要チェック|2500万円以下新築一戸建て物件特集

まとめ

戸建ての部屋が暗い原因として、窓の少なさや照明の弱さ、部屋の位置、壁や床の色などが関係しているとわかりました。
解消法としては、カーテンをブラインドに変えることや照明をLEDに変えることなど、ご自身でもできるものからリフォームが必要なものまでさまざまです。
ぜひ上記の内容を参考に、戸建ての購入を検討してみてはいかがでしょうか。
私たち株式会社HOME UPでは、名古屋市の売買物件をご紹介しています。
マイホームの購入を検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”ブログ”おすすめ記事

  • 中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!の画像

    中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!

  • 認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説の画像

    認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説

  • 共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介の画像

    共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介

  • 新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説の画像

    新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説

  • マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介の画像

    マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介

  • マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!の画像

    マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!

もっと見る