ファミリークローゼットとは?マイホームの家事動線に新しいアイデアを

ブログ

家事の負担軽減や暮らしやすさが見直され、家事動線短縮の観点からもここ数年人気を集めているファミリークローゼット。

 

そこで今回は、ファミリークローゼットとは何かという基本情報から、マイホームにとりいれる際に知っておきたいメリット・デメリットをご紹介。

 

マイホームの新築やリフォーム・リノベーションを考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。


マイホームの家事動線をラクにするファミリークローゼット


マイホームの家事動線をすっきり短縮?今人気のファミリークローゼットとは?

 

マイホームの間取りと家事動線の新しいアイデアとして注目されているファミリークローゼット。

 

ファミリークローゼットとは、家族みんなの衣類などを一カ所に集めて収納するクローゼットのこと。

 

家族の収納物を一カ所にまとめることで家事動線が短縮できるだけでなく、各部屋の収納場所や家具を減らせることもうれしいポイントです。

 

ファミリークローゼットは、主にウォークインタイプとウォークスルータイプがあります。

 

<ウォークインタイプ>

 

ウォ―クインタイプとは、通常の部屋のように人が入って収納できるタイプ。

 

リビングの間取りにプラスすることで、ジャケットやコート、お出かけ用のバッグなど置きっ放しになりがちなものを効率よく収納できます。

 

<ウォークスルータイプ>

 

他方、ウォ―クスルータイプとは、出入り口が2カ所あり、廊下を通り抜ける感覚で収納できるタイプ。

 

廊下の壁面にファミリークローゼットを設置しても、同様の使いやすさが実現できます。

 

マイホームの家事動線の救世主!?ファミリークローゼットのメリット・デメリット

 

特に小さな子どものいる若い世代の間で、使い勝手のよさが話題となっているファミリークローゼット。

 

ここではそのメリットとデメリットを整理してみましょう。

 

ファミリークローゼットのメリット

 

●家族みんなの洗濯物を片づける際、各部屋に運ぶ必要がなく家事動線を短縮できる。

 

●ファミリークローゼットの中で、小さい子どもの着替えを見守ったり、手伝ったりしやすい。

 

●季節によって使わない物や旅行バッグなど使用頻度の低いものを一括して収納しておける。

 

ファミリークローゼットのデメリット

 

●既存の部屋をファミリークローゼットとして使えない場合、新築やリフォーム・リノベーションによって、それ相応のスペースを確保する必要がある。

 

●家族以外の人の目に触れない場所となるため、整理整頓が後まわしになる。

 

●思春期の子どもが、家族と共有のクローゼットを嫌がる場合も。

 

まとめ

マイホームの家事動線を短縮して家事の負担を軽減し、スペースも有効利用できるファミリークローゼット。

 

マイホームの新築やリノベーションを機に導入を考えている人は、メリット・デメリットを考慮して、我が家に合ったカタチのファミリークローゼットを家族みんなで話し合い、アイデアを出し合ってみるのもいいかもしれませんね。


私たち株式会社HOME UPでは、名古屋市を中心に新築一戸建て物件を多数ご紹介しております。

 

ぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。


▼今すぐ↓こちら↓をクリック!▼







”ブログ”おすすめ記事

  • 中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!の画像

    中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!

  • 認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説の画像

    認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説

  • 共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介の画像

    共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介

  • 新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説の画像

    新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説

  • マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介の画像

    マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介

  • マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!の画像

    マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!

もっと見る