2台以上あると便利?駐車場付き一戸建て住宅のメリットとは!?

ブログ

一戸建てか集合住宅かにかかわらず、車をお持ちの方にとって駐車場は不可欠です。

 

今回は駐車場つきの一戸建て住宅に注目し、そのメリットなどについて考えてみます。


一戸建ての駐車場

 

一戸建ての駐車場に必要なスペースは?


一般的な駐車場のサイズの目安は2.5ⅿ×5ⅿです。

 

都心部での一般的なコインパーキングもこの広さになります。

 

しかし一戸建ての場合、敷地に余裕があれば大型車でも駐車が可能な3ⅿ×5.5ⅿ程度を確保するのがおすすめです。

  

今は小型車やワンボックスに載っていたとしても、家族が増えたりライフスタイルが変わったりすれば、将来的に大型車に乗る可能性もあるからです。

 

駐車場を後から拡張するのは大変なので、あらかじめゆとりのある駐車スペースを確保しましょう。

 

また、周囲の状況や土地の形によっては車の出入口付近に街灯などの障害物ある場合も。

 

何度も切り返さなければ駐車できないなどということにならないように、事前によくシミュレーションを行いましょう。

 

一戸建て住宅に駐車場があるメリット・デメリット


一戸建て住宅に駐車場がある場合、どのようなメリット・デメリットが考えられるでしょうか。

 

一番のメリットは、やはり駐車場代が削減できることです。

 

また家のすぐそばに駐車できるので、雨の日に傘をさす必要がなく、たくさん買い物をした時の荷物の上げ下ろしも楽になります。

 

小さな子どもがいる場合でも、自宅に駐車場があれば危険も手間も減りますね。

 

一方でメリットは、駐車場分の住居スペースが狭くなってしまうことです。

 

駐車場の形状にもよりますが、「屋根及び柱もしくは壁を有するもの」は建ぺい率や容積率に換算しなくてはいけないと建築基準法で定められています。

 

住居部分の建蔽率がギリギリの場合、駐車場分の面積を確保するために住居スペースを削る必要が出てくることもあります。

 

また検査のチェック項目をクリアしないと建築許可が下りず、修正のための追加工事が発生することもあるので注意しましょう。

 

一戸建て住宅に2台分の駐車場は必要か?


乗用車


夫婦で1台ずつ車を所持している場合や車での来客が多い場合は、2台分の駐車場を設けると便利です。

 

現在は1台しか所持していないけれど、将来的に子供が車を所持する可能性もあります。

 

このような場合には庭の一部や玄関へのアプローチを上手く組み合わせて、将来的に2台分のスペースを設けられるようプランしておくといいでしょう。

 

まとめ


人やご家庭によっては毎日のように使う車。

 

一戸建てを購入する場合、駐車場スペースを十分に確保してストレスのない駐車をしたいものです。

 

しかし、駐車場を広く取りすぎると住居部分影響を及ぼしかねません。

 

自分たちの今のライフスタイルはもちろん、10年後15年後の可能性も想定しながら広さを決めるといいでしょう。

 

株式会社HOME UPでは、名古屋市周辺での駐車場2台以上の物件を多数ご用意しております。

 

名古屋市でのマイホームに関するご相談は株式会社HOME UPにお気軽にお問い合わせください。

”ブログ”おすすめ記事

  • 中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!の画像

    中古住宅の既存住宅売買瑕疵保険とは?宅建業者と個人の流れを解説!

  • 認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説の画像

    認知症になった親の不動産を売却!起こりうるトラブルや成年後見制度を解説

  • 共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介の画像

    共有名義で土地を購入する注意点とは?メリットもご紹介

  • 新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説の画像

    新築一戸建てを購入する際の注意点とは?建物・土地・周辺環境別に解説

  • マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介の画像

    マンションを売却する際の固定資産税はどう精算する?注意点をご紹介

  • マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!の画像

    マンションのリノベーションでできないこととは?事例ごとに解説!

もっと見る