ホームアップ > 株式会社HOME UPのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンのボーナス払いにはメリットがあるのか?デメリットも解説

住宅ローンのボーナス払いにはメリットがあるのか?デメリットも解説

≪ 前へ|12月第4週のチラシ   記事一覧   守山区にある小幡駅周辺はどのようなところ?魅力や注目したいスポットとは|次へ ≫
カテゴリ:ブログ

住宅ローンのボーナス払いにはメリットがあるのか?デメリットも解説

マイホームを購入される方たちのなかで、よく聞く相談事が「住宅ローンの返済にボーナスを利用すべきかどうか」という問題です。
ローンは借入額を完済するまで支払い続けなくてはいけないので、各ご家庭にとって無理のない返済計画を立てる必要があります。
そこで今回の記事では、ボーナス払い併用で住宅ローンの支払いをするメリット・デメリット、さらに繰り上げ決済について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ボーナス払い併用で住宅ローンの返済をするメリットとは

ボーナス払い併用型の返済プランとは、月々の返済額に加えて、年に2回のボーナス時にもローンの支払いおこなうため、ボーナスシーズンには返済額が増額します。
ボーナスを借入額の返済に充てるメリットとしては、ボーナスをローンの支払いに充てないプランに比べて、月々の返済額を抑えられる点です。
月々の返済額にある程度の金額を充てて、なおかつボーナスも併用して借入額を支払うと、返済期間を短縮することにもつながるので、老後に向けての資産形成もおこないやすくなるでしょう。

ボーナス払い併用で住宅ローンの返済をするデメリットとは

月々の返済額を少しでも安く抑えるために、ボーナス払いを併用する場合には、元金が減っていくスピードが落ちてしまうので、利息が割高となり総支払額が増えてしまう点がデメリットです。
つまり、返済期間を短縮する目的であれば有効な方法ですが、毎月支払うローンの金額を抑える狙いであれば、逆に利息が増えてしまうのでお得ではありません。
また、ボーナスは会社の業績が好調であるときに支給されるので、不況のあおりを受けて業績が低迷してボーナスがなくなった場合には、月々の収入や預貯金からボーナス分の支払いを補填する必要があります。
さらに、ボーナスで車などの大きな買い物をしにくくなることも、長い歳月のなかではデメリットと言えるでしょう。

ボーナス払いによる住宅ローンの繰り上げ決済とは

繰り上げ決済とは、計画していた返済プランを前倒しして、借入額を返済する方法です。
借りている元金と利息部分を大きく減らせるので、総返済額を減らすことができる点が、繰り上げ決済のメリットです。
ボーナスを繰り上げ決済に充てると、利息部分を減らせることがボーナス払い併用プランとの違いと言えます。
返済額の負担を抑えられるほかに、返済期間も短縮できるため、定年退職を迎える前に住宅ローンの完済も可能です。
前倒しをしてローン残高を支払う際の手数料についても、現在ではほとんどの金融機関で無料ですので、家計にゆとりがある場合には、繰り上げという形で返済を計画してみてはいかがでしょう。

まとめ

ボーナス払いを併用して住宅ローンを支払うプランは、毎月の返済額を安く抑えられるという点では魅力ですが、長い視点で考えると家計の負担が増えてしまいます。
返済期間を少しでも短くしたい方や、総返済額を減らしたい方は、ボーナス払い併用ではなく、ボーナスを繰り上げ決済に回すと、経済的な効果を得られることでしょう。
私たち株式会社HOME UPでは、名古屋市を中心に新築一戸建て物件を多数ご紹介しております。
ぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|12月第4週のチラシ   記事一覧   守山区にある小幡駅周辺はどのようなところ?魅力や注目したいスポットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る